BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 潜血反応

一般検査

検査項目名称 潜血反応
コード 00063
統一コード 1A100-0000-001-911
検体必要量(mL)容器 / 保存
尿 5.0
U-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 1~2
検査方法 試験紙法
基準値 (-)
実施料 / 判断料 (26) ※

容器画像

コンペンジウム

高値 (ヘモグロビン尿)
■溶血性貧血 ■発作性夜間血色素尿症 ■発作性寒冷血色素尿症 ■熱傷
(血尿)
■腎性出血(糸球体腎炎、腎盂腎炎、結石、腫瘍、悪性高血圧症など) ■尿路感染症
(ミオグロビン尿)
■黄紋筋融解症 ■多発性筋炎 ■挫滅症候群

低値
解説 尿中のヘモグロビンの有無を試験紙法によって調べるスクリーニング検査で、腎尿路系の出血を知る簡易的検査である。
本検査の検出感度は約0.03mg/dL、(+)は0.06mg/dLであり、尿中赤血球数に換算した場合は約20個/μLに相当する。
本検査はヘモグロビンのペルオキシダーゼ作用を利用しているが、この反応ではミオグロビンも検出されるので、尿沈渣などと合わせて総合的な判定が必要となる。
なお、アスコルビン酸(ビタミンC)の多量摂取は偽陰性の原因となることがある。

ページトップへ戻る

補足情報

尿中一般物質定性半定量検査 院内で検査を行った場合のみ算定できる。ただし、尿中一般物質定性半定量検査は判断料は算定できない。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.