BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 沈渣

一般検査

検査項目名称 沈渣
コード 01540
統一コード 1A105-0000-001-920
検体必要量(mL)容器 / 保存
尿 8.0
U-1
採取条件・提出条件 / 備考 経時変化が著しいため、参考値としてご利用ください。
所要日数 1~2
検査方法 フローサイトメトリー法又は鏡検法
基準値
実施料 / 判断料 鏡検:(27)
フローサイトメトリー法:(24) 判尿 ※

容器画像

補足情報

尿沈渣(鏡検法)、(フローサイトメトリー法) 当該保険医療機関内(院内)で検査を行った場合に算定できる。「D017」排泄物、滲出物又は分泌物の細菌顕微鏡検査を同時に実施した場合は、主たる点数のみ算定する。「尿中一般物質定性半定量検査」か「尿中特殊物質定性定量検査」において何らかの所見が認められ、又は診察の結果からその実施が必要と認められて実施した場合に算定する。
尿沈渣(鏡検法) 尿路系疾患が強く疑われる患者について、保険医療機関(診療所)が衛生検査所等に委託する場合であって、当該衛生検査所等が採尿後4時間以内に検査を行い、検査結果が速やかに当該保険医療機関(診療所)に報告された場合は算定できる。
※細菌顕微鏡検査と尿沈渣(鏡検法)又は尿沈渣(フローサイトメトリー法)を同一日に併せて算定する場合は、細菌顕微鏡検査に用いた検体の種類を診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.