BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 潜血反応

一般検査

検査項目名称 潜血反応
コード 00224
統一コード 1B035-0000-015-901
検体必要量(mL)容器 / 保存
糞便拇指頭大
F-1
採取条件・提出条件 / 備考 採便3日前より新鮮な動物性食品の摂取を禁じ、鉄、銅、ビスマス、獣炭、ヨウ化カリウム、ビタミンC剤は触媒となるので投薬を中止してください。
所要日数 2~3
検査方法 オルトトリジン法
基準値 (-)
実施料 / 判断料

容器画像

コンペンジウム

高値 (陽性)
■消化管出血
低値
解説 本検査は化学法の一つである、オルトトリジン法を用いた便潜血検査で、主として下部消化管出血の有無を知ることを目的とするものである。
オルトトリジン法はヘモグロビンに含有される鉄の還元能を利用した方法で、消化管の微量出血を鋭敏に検出できるが、ヒト以外のヘモグロビン鉄にも反応するなど特異性に欠け、食餌の影響を受けて偽陽性が出やすい。このため実施に当たっては3日間の食餌制限が必要となる。
また、近年は食餌等の影響を受けず。特異性に優れるヒトヘモグロビンの免疫学的検査法が普及しているため、化学法は実施される機会が減少している。
便潜血検査の検出率向上のためには複数回の検査が望ましく、2日法が実施されることが多い。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.