BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > パンディー反応(グロブリン反応)

一般検査

検査項目名称 パンディー反応
(グロブリン反応)
コード 00234
統一コード 1C040-0000-041-920
検体必要量(mL)容器 / 保存
髄液 0.3
S-S
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 2~3
検査方法 比濁法(Pandy法)
基準値 (-)~(+)
実施料 / 判断料 62 判尿

容器画像

コンペンジウム

高値 (陽性)
■髄液蛋白量が増加しているとき(パンディー反応は正常者でも+のことがある)。
低値
解説 グロブリン反応といわれる。正常髄液中のアルブミン:グロブリン比は約4:1であるが、病的な髄液蛋白増量の主体はグロブリンであるので、このグロブリンを定性的に調べるために考案された反応である。基本的には蛋白量の増量と平行するので、これら反応は単なる参考所見としての価値しかない。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.