BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 精子濃度

一般検査

検査項目名称 精子濃度
コード 13004
統一コード 1Z615-0000-060-920
検体必要量(mL)容器 / 保存
精液 0.5
S-S
採取条件・提出条件 / 備考 避妊具での提出は不可。検体が流出しない容器でご提出ください。
所要日数 2~3
検査方法 鏡検法
基準値 2000以上
×104/mL
実施料 / 判断料 70 判尿

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値
低値 ■精子減少症 ■無精子症
解説 精液検査は、主に男性不妊症の診断を目的に行われる。
2日以上7日以内の禁欲期間を設定し、得られた精液について、液量、精子濃度、運動率、正常形態率などを調べる。3か月以内に少なくとも2回実施する。
精液量の基準値は2.0mL以上、精子濃度は20×10の6乗個/mL以上、精子運動率は50%以上、精子正常形態率は15%以上である。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.