BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 分離培養(酸素感受性蛍光センサー法)

微生物

検査項目名称
分離培養
(酸素感受性蛍光センサー法)
コード 06579
統一コード 6B305-0000-061-747
検体必要量(mL)容器 / 保存
補足情報参照
一般細菌に準ずる
採取条件・提出条件 / 備考 材料が、便、皮膚、爪等は鏡検の検査は実施しません。血液材料の場合はヘパリン入り採血管(B-18)にてご提出ください。カルチャーボトル(血液)での受付は不可。スクリーニングは感度の高い蛍光法をご利用ください。又、培地検体での提出はコロニーの発育が認められるものに限ります。〔緊急報告〕1.鏡検(蛍光法・チールネルゼン法)陽性の時2.培養で陽性の時酸素感受性蛍光センサー法は材料が便の時、検査は実施しません。
所要日数 3W6W
検査方法 酸素感受性蛍光センサー法(MGIT培地使用)
基準値
実施料 / 判断料 280 判微 ※

容器画像

コンペンジウム

高値 ■結核 ■非結核性抗酸菌症
低値
解説 抗酸菌の分離培養検査は、従来から用いられている小川培地による培養では発育所要日数に4~8週間かかり早期診断・治療に対応できない問題がある。本法は、液体培地で菌の増殖能が優れており、小川培地に比べ菌の発育が早いため検出までの日数が短縮される。また、酵素反応センサーを用いており菌の検出感度が高い。

ページトップへ戻る

補足情報


抗酸菌分離培養検査 結核患者の退院の可否を判断する目的で、患者の病状を踏まえ頻回に行われる場合においても算定できる。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.