BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > マイコバクテリウムアビウム・イントラセルラー核酸同定/リアルタイムPCR(非結核性抗酸菌(MAC)/リアルタイムPCR)

微生物

検査項目名称
マイコバクテリウムアビウム・イントラセルラー核酸同定/リアルタイムPCR
(非結核性抗酸菌(MAC)/リアルタイムPCR)
コード 08718
統一コード 6B621-0000-061-862
検体必要量(mL)容器 / 保存
補足情報参照
補足情報 参照
採取条件・提出条件 / 備考 塗抹鏡検・分離培養との共用可。コードNo.08700とNo.08718の共用可。(結核菌群の結果が(+)でも非結核性抗酸菌を実施)*No.08700が(-)の場合のみ「非結核性抗酸菌/リアルタイムPCR」を希望される場合は〔No.08700〕と〔No.08765〕を同時にご依頼ください。
便検体の場合は前処理に1日かかるため、所要日数が変わります。
所要日数 2~4
検査方法 リアルタイムPCR法
基準値
実施料 / 判断料 421 判微 ※

コンペンジウム

高値 ■非定型抗酸菌症
低値
解説 肺結核症は、現在でも年間5万人程度の新患が発生する疾患である。またM.avium
Complex菌は非定型抗酸菌症の主要な原因菌であり、全肺非定型抗酸菌症の70~80%を占めている。
結核菌及び非定型抗酸菌の検出は、培養法による検出、生化学的検査により菌の同定が行なわれるため長時間を要する検査であったが、このPCR法、HPA法により同定時間が大幅に短縮できる。HPA法は結核菌群のリボソームRNAを標的とする、また、PCR法は結核菌群のDNAを標的とした核酸増幅法である。
MTC、MAC/PCRは、抗酸菌属共通のDNA部分を増幅した後、TB、avium Intracellulareに特異的なDNAプローブを用いて検出を行い、1検体から3菌種の同定が可能である。

ページトップへ戻る

補足情報



マイコバクテリウム・アビウム及びイントラセルラー(MAC)核酸検出 他の検査により結核菌が陰性であることが確認された場合にのみ算定できる。「D021」抗酸菌同定検査が併せて実施された場合にあっては、主なもののみ算定する。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.