BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 薬剤感受性試験4薬剤以上

微生物

検査項目名称 薬剤感受性試験
4薬剤以上
コード 08052
統一コード 6C105-0000-080-781
検体必要量(mL)容器 / 保存
菌株(培地) 又は 生検体
採取条件・提出条件 / 備考 生検体の場合は、培養もご依頼ください。
培養陽性後、検査を実施します。菌量不足の場合は増菌後検査を実施します。
所要日数に分離培養の日数は含まれません。培養陽性後検査を実施します。
所要日数 3W~5W
検査方法 マイクロタイター法
基準値
実施料 / 判断料 380 判微 ※

コンペンジウム

高値 ■抗酸菌感染症
低値
解説 抗酸菌を対象とした薬剤感受性を調べる検査であり、特定薬剤に対する耐性の出現が確認出来る。
抗酸菌の薬剤感受性検査の名称は「耐性検査」と呼ばれていたが、1979年版「結核菌検査指針」より、一般細菌と同じく「薬剤感受性検査」に改められた。ただし、判定基準は今までと同じく「耐性値」であり、一般細菌とは逆転した値になるので報告書データの解釈には注意が必要である。ビー・エム・エル社ではマイクロタイター法を使用した間接法感受性試験のみを行っている。

ページトップへ戻る

補足情報


抗酸菌薬剤感受性検査 直接法、間接法等の方法及び培地数にかかわらず、感受性検査を行った薬剤が4種類以上の場合に限り算定する。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.