BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > アカントアメーバ

微生物

検査項目名称 アカントアメーバ
コード 07198
統一コード
検体必要量(mL)容器 / 保存
補足情報参照
A-A
採取条件・提出条件 / 備考 眼科領域のみ受託可能です補足情報参照
所要日数 7~14
検査方法 培養
基準値
実施料 / 判断料

容器画像

コンペンジウム

高値 ■アメーバー性角膜炎
低値
解説 アカンソアメーバとは、土壌・水中等に棲息する20~30ミクロン程度の小型のアメーバ。細菌やカビなどを捕食して生活し、形態的には栄養型虫体・嚢子型虫体の2型をとる。栄養型虫体は、アカンソポディアと呼ばれる刺状の偽足を出して運動する。嚢子型虫体は内外で二層の嚢子壁を持つ。この嚢子壁は、物理化学的には安定な物質で構成されており、種々の薬剤や環境変化に強い抵抗力を示す。このことがアカンソアメーバ感染によるアメーバ性角膜炎の治療を著しく困難にしている。
アメーバ性角膜炎患者の主訴としては、強い異物感の後に疼痛・羞明(photophobia)・眼瞼痙攣・霧視などがあげられる。中でも、患者の訴える耐え難い痛みは注目すべき特徴と考えられる。臨床的には角膜に実質性の浸潤を認め、特に患部周辺部分における反応が強いため、典型的な輪状角膜炎として観察される。また、前房内に炎症を伴うことが強いなどの特徴を有するが、一般的に他の角膜炎との鑑別は容易でなく、初診時に単純ヘルペス角膜炎を疑うケースが多いようである。
治療方法としては、早期であれば抗真菌薬が有効との報告がある。しかしこれはアメーバの栄養型虫体にのみ有効で、嚢子型には無効である。そのため、慢性化した患者の治療は大変困難であり、早期発見・早期治療が重要である。

ページトップへ戻る

補足情報


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.