BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > LT毒素原性大腸菌

微生物

検査項目名称 LT毒素原性大腸菌
コード 08647
統一コード
検体必要量(mL)容器 / 保存
菌株
採取条件・提出条件 / 備考 (+)又は(-)で報告◆
所要日数 4~9
検査方法 RPLA法
基準値
実施料 / 判断料

コンペンジウム

高値 ■毒素原性大腸菌感染症
低値
解説 下痢原性大腸菌の分類中における毒素原性大腸菌(ETEC)の病原因子となる毒素である。毒素は易熱性エンテロトキシン(LT)と耐熱性エンテロトキシン(ST)の2種類があり、どちらかまたは両方が産生される。ETEC感染症と診断するためには大腸菌のOおよびHの血清型では判別できす、本毒素の検出が必要となる。ETECは過去より旅行者下痢症での最も主要な原因菌として知られているが、渡航者のみならず国内の下痢原性大腸菌による散発、集団の食中毒事例でも最も高頻度な原因菌である。ST、LTともに粘膜上皮細胞を障害することはなく、水分漏出のみをもたらす毒素である。ETECによる下痢症のうち、重症の典型例では米のとぎ汁状のコレラ様下痢がみられるが、LTはすべての性状でコレラ毒素と類似している。

ページトップへ戻る

補足情報

◆単一菌株でご提出ください。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.