BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > MRSAスクリーニング

微生物

検査項目名称 MRSAスクリーニング
コード 08641
統一コード 6B050-0000-099-741
検体必要量(mL)容器 / 保存
職員検診用材料
C-3
採取条件・提出条件 / 備考 咽頭ぬぐい液、鼻前庭ぬぐい液を主とする。便・尿などでも検査を実施するが、医療従事者による院内感染防止を目的とするので、咽頭ぬぐい液、鼻前庭ぬぐい液にて検査を実施することが望ましい。一般細菌(08030)との共用は出来ませんのでご了承ください。
所要日数 4~6
検査方法 MRSA スクリーニング培地使用
基準値
実施料 / 判断料

容器画像

コンペンジウム

高値 ■MRSA感染症
低値
解説 近年メチシリン(DMPPC)やセフェム系抗生物質に高度耐性を示す、いわゆるメチシリン・セフェム耐性黄色ブドウ球菌(Methicillin-Resistant S.Aureus=MRSA)の臨床分解株が増えつつある。
MRSAによる感染症は、有効な抗菌剤が少なく、難治性となるため院内感染対策上でも重要視されてきている。本検査は、医療従事者、長期入院患者等の保菌状況を把握し院内感染防止上有効である。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.