BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > MIC測定(最小発育阻止濃度)嫌気性菌

微生物

検査項目名称 MIC測定
(最小発育阻止濃度)

嫌気性菌
コード 08656
統一コード 6C205-1302-080-762
検体必要量(mL)容器 / 保存
菌株
採取条件・提出条件 / 備考 菌種名,薬剤名を予めご連絡ください。1菌種,1薬剤,1依頼(該当項目コードのみ)となります。単一菌株にてご提出ください。MIC値でのご報告となります。判定結果(S.I.R)については報告いたしませんのでご了承ください。
所要日数 7~10
検査方法 寒天平板希釈法微量液体希釈法
基準値
実施料 / 判断料

コンペンジウム

高値
低値
解説 指定された濃度の抗菌剤(約30種類)、および培地が分注されたマイクロプレート中に被験菌浮遊液(約108CFU/ml)を定量接種し、37℃で16~18時間培養後、比濁法によって薬剤感受性を判定する。
一般に病原菌に対する薬剤感受性の定量的な測定は、薬剤希釈系列に被験菌を接種して、菌の発育が阻止される最も低い薬剤濃度、すなわち最小発育阻止濃度(minimuminhibi-
tory concentration MIC)が求められる。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.