BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > SKY法(先天性疾患)

染色体・遺伝子

検査項目名称
SKY法(先天性疾患)
コード 09376
統一コード 8B200-0000-019-841
検体必要量(mL)容器 / 保存
血液 3.0 (ヘパリン加血)
B-18
採取条件・提出条件 / 備考 へパリン入り専用容器に採血
◆1、◆2
所要日数 21~28
検査方法 SKY法
基準値
実施料 / 判断料 2631+(分染法加算397) 判血

容器画像

コンペンジウム

高値
低値
解説 SKY(Spectral Karyotyping)法は、5色の蛍光色素を標識した染色体ペインティングプローブを用いて、染色体を24色に描画し解析する方法である。
この方法では、G分染法などの核型分析では由来の判らなかったmarker染色体、派生(derivative)染色体や転座などの異常を色の変化として表現し、由来を判定することが可能である。
ただし、染色体像が得られない場合は検査が出来ず、染色体の欠失や逆位・重複の判定を行うことは出来ない。
(新規受託項目案内:2000-10参照)

ページトップへ戻る

補足情報

◆1 規定量の採血が実施できなかった場合:新生児等でも1mL以上の採血を実施してください。1mL以下の採血量でも検査は実施しますが、   検査結果が得られない場合がありますので予めご了承ください。
◆2 染色体同定(先天性疾患)、SKY法(先天性疾患)(備考)
   ヘパリン入り専用容器に採血
   G分染法等では何番染色体に由来するものか判別できなかったmarker染色体や染色体過剰部分の由来を同定します。
   ①G分染法で染色体検査を行った後にご依頼ください。
   ②既にG分染法が検査済みの場合には、前回の依頼日、検体No、核型を依頼書にご記入ください。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.