BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 電子顕微鏡検査2(電顕写真作製)

病理・細胞診

検査項目名称 電子顕微鏡検査2
(電顕写真作製)
コード 05457
統一コード 7D010-1302-070-671
検体必要量(mL)容器 / 保存
グルタール アルデヒド 固定組織 (ホルマリ ン固定組織 パラフィン ブロック)
ES
採取条件・提出条件 / 備考 検体の採取方法については補足情報をご参照ください。 標本の返却は白黒写真となります。検査用に提出された光顕スライド、電顕ブロックは精度管理上当社にて保管管理をしています。貸し出し及び返却はいたしません。予めご了承ください。ホルマリン固定材料はグルタールアルデヒド固定材料と比較して十分な所見が得られない場合があります。予めご了承ください。写真撮影のみのご依頼でも検査項目コードNo.は同一です。
解剖例は標本作製までの実施となります。
所要日数 19~21
検査方法
基準値
実施料 / 判断料

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

補足情報

◆スライドについて
 *貼付切片の剥離等により再染色が必要な可能性もあるため、予備スライドの提出をお願いします。
 *提出される予備スライドから再染色を実施した場合、再検査となったスライドは返却いたしません。
 *提出される予備スライドで未使用のスライドは基本的には返却いたしませんが、返却を要する場合は、依頼書にその旨をご記入ください。
 *パラフィン切片からの戻し電顕依頼の際は、厚さ5~6μmノンコーティングのスライドを4~5枚ご用意ください。
ES容器: 電顕検査用固定液(グルタールアルデヒド)は固定不良を防ぐため、製造日や有効期限をご確認の上、新鮮な固定液をご使用ください。





ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.