BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > アポリポ蛋白質A-V定量(apo A-V定量)

研究検査

検査項目名称 アポリポ蛋白質A-V定量
(apo A-V定量)
コード 02861
統一コード
検体必要量(mL)容器 / 保存
血漿 0.3
B-7 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数
検査方法 EIA法
基準値 ng/mL
実施料 / 判断料

容器画像

コンペンジウム

高値
低値
解説 アポリポ蛋白質A-Ⅴ(apoA-Ⅴ)は、近年発見された高脂血症と関連する分子量40kDaのアポリポ蛋白質で、第11染色体長腕(11q23)に座位し、新たなAPOA1/C3/A4/A5遺伝子クラスターを構成する。
apoA-Vは、肝でVLDL合成あるいは血中でLPL活性化作用をもち、VLDL中のTGの合成・異化に関与すると考えられている。
血中apoA-Ⅴ蛋白量はAPOA5遺伝子の多型の違いにより血中濃度に差が認められる。最近、重度の高TG血症家系でapoA-Ⅴ遺伝子異常が発見され、TG代謝におけるapoA-Ⅴの役割が注目されている。

ページトップへ戻る

補足情報


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.