BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > コレステリルエステル転送蛋白(CETP)定量/EIA

研究検査

検査項目名称 コレステリルエステル
転送蛋白(CETP)定量/EIA
コード 04925
統一コード 3F300-0000-023-023
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.3
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数
検査方法 EIA法
基準値 μg/mL
実施料 / 判断料

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値 ■原発性胆汁性肝硬変(PBC) ■ネフローゼ症候群 ■糖尿病
低値 ■CETP欠損症 ■甲状腺機能低下症
解説 コレステリルエステル転送蛋白(CETP)は脂質転送蛋白として発見され、エステル化されてHDL中に蓄えられているコレステリルエステル(CE)をVLDL、IDL及びLDLに転送し、LDLレセプターを介して肝臓に取り込ませる働きがある。
CETP欠損症はHDLコレステロールが著しい増加を示しリポ蛋白の質的・量的変化をもたらすことから、動脈硬化との関連が強く疑われている。
また、原発性胆汁性肝硬変(PBC)、ネフローゼ症候群や糖尿病でCETP活性が上昇し、甲状腺機能低下症などで低下する、との報告がある。

ページトップへ戻る

補足情報


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.