BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > コエンザイムQ10(CoQ10、ユビキノン)

研究検査

検査項目名称 コエンザイムQ10
(CoQ10、ユビキノン)
コード 05071
統一コード
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5 又は 血漿 0.5
B-1 S-1
B-6 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 4~17
検査方法 HPLC法
基準値 338~1340(参考値)
ng/mL
実施料 / 判断料

容器画像

コンペンジウム

高値 ■コエンザイムQ10剤の過剰投与
低値 ■コエンザイムQ10欠乏症
解説 コエンザイムQ10はビタミンQとも呼ばれ、栄養素を効率よく回転させるために必要な補酵素であるが、20歳台をピークに次第に減少する。特に、心臓、肝臓、腎臓では多くのエネルギーを必要とするため、コエンザイムQ10が不足するとその活動に必要なエネルギーが低下してしまう。このため、代謝性強心剤としての医薬品として使用されてきた。 また、もう一つの作用として抗酸化作用があげられる。これは過剰な生成で有害な作用を及ぼす活性酸素に対抗する作用の事で、コエンザイムQ10はこの酸化ストレスに対して敏感に反応して減少するため、酸化ストレスのストレスマーカーとしての役割が注目されている。(新規受託項目案内:2005-18参照)
  

ページトップへ戻る

補足情報


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.