BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > HDV-RNA定性(D型肝炎ウイルスRNA定性)

研究検査

検査項目名称 HDV-RNA定性
(D型肝炎ウイルスRNA定性)
コード 02888
統一コード 5F365-1450-023-866
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-32
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 7~14
検査方法 RT-PCR法
基準値 (-)
実施料 / 判断料

容器画像

コンペンジウム

高値 ■D型肝炎
低値
解説 デルタ肝炎ウイルス(HDV)は、HCVの発見以前よりHBVのサテライトウイルスとして知られていた。表面はHBVのエンベロープ成分によって覆われており、内部にデルタ抗原と、遺伝子RNAを持つ。ウイルスRNAは、約1.7Kbと極めて短い一本鎖環状RNAである。HDVの感染は血液を介して行われる。HDV感染は、HBVのヘルパー作用なしに成立せず、その感染様式にはHBVとの同時感染と、HBV持続感染患者への重感染がある。同時感染では、HDVがHBVにレスキューされて両者が増殖する。この場合には90%以上が、一過性の感染となり持続感染となるのは僅かといわれている。重感染では、HBVがすでに存在していることから、速やかにHDVが増殖し、潜伏期間は同時感染よりも短くなる傾向にある。また、その70~90%が持続感染となって慢性D型肝炎を引き起こし、一過性に終る可能性はまれである。

ページトップへ戻る

補足情報


ご依頼の際の注意 汚染の影響を受けやすい検査方法のため、核酸増幅法以外の検査項目との重複依頼は避けてください。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.