BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > HEV-RNA定性(E型肝炎ウイルスRNA定性)

研究検査

検査項目名称 HEV-RNA定性
(E型肝炎ウイルスRNA定性)
コード 03159
統一コード 5F370-1450-015-875
検体必要量(mL)容器 / 保存
糞便 小豆大
F-1
組織 100mg
B-20
採取条件・提出条件 / 備考 微小組織は、セラムチューブ等の小容器に入れた上で、B-20容器に入れ、二重にしてご提出ください。

所要日数 7~10
検査方法 リアルタイムRT-PCR法
基準値 (-)
実施料 / 判断料

容器画像

コンペンジウム

高値 ■E型肝炎
低値
解説 E型肝炎はE型肝炎ウイルス(HEV)による急性肝炎である。潜伏期間は、15日から60日くらいで、慢性化することはないが稀に劇症化することがある。特に妊婦の場合、妊娠後期に感染して発症すると劇症化率が高い。日本におけるE型肝炎は、海外流行地域からの輸入感染例が殆どであったが、近年、ブタ、シカ、イノシシ等の動物生肉・レバーなどの摂取による国内感染例が相次いだ。本検査は、HEV-RNAを高感度に検出でき、診断に有用である。他に、IgAクラスの抗体検査が保険収載されて用いられている。

ページトップへ戻る

補足情報

ご依頼の際の注意 汚染の影響を受けやすい検査方法のため、核酸増幅法以外の検査項目との重複依頼は避けてください。


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.