BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > グラニュライシン

研究検査

検査項目名称 グラニュライシン
コード 02100
統一コード
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.3
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考 採血後、血液を凝固させた後に、速やかに遠心分離し血清をS-1に移し凍結で保存
所要日数 3~9
検査方法 EIA法
基準値 ng/mL
実施料 / 判断料

容器画像

コンペンジウム

高値
低値
解説 グラニュライシンは、パーフォリンやグランザイム等の細胞障害性分子と同様、NKやCTLに発現する蛋白質で、分泌型と細胞内顆粒に局在する細胞傷害型に分けられる。細胞傷害型には、抗菌活性および抗腫瘍活性(アポトーシス誘導能)が報告されており、リンパ球による癌細胞等への障害度とグラニュライシンの分泌量には相関が認められる。血清グラニュライシン値は、急性ウイルス感染症や妊娠中毒症、造血幹細胞移植後のGVHD等の細胞性免疫亢進状態で上昇し、原発性免疫不全患者や細胞性免疫低下状態で低下を示すといわれているため、NK、CTLの体内動態を推し量るパラメーターとして期待される。

ページトップへ戻る

補足情報


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.