BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > アポリポ蛋白E遺伝子型(genotype)

研究検査

検査項目名称
アポリポ蛋白E
遺伝子型(genotype)
コード 05845
統一コード 3F207-0000-019-951
検体必要量(mL)容器 / 保存
血液 2.0 (EDTA2K加血)
B-30
採取条件・提出条件 / 備考 報告形式:ε2/ε2, ε2/ε3, ε2/ε4,ε3/ε3, ε3/ε4, ε4/ε4 (注)
所要日数 3~12
検査方法 Invader法
基準値
実施料 / 判断料

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値
低値
解説 アポリポ蛋白E は、カイロミクロン、VLDL、HDLの主要構成成分で生体内の脂質代謝において重要な役割を果たしている。3種類のアレルにより形成される6つのアイソフォームはそれぞれ特性が異なり、E2/2アイソフォームは野生型のE3/3に比べてLDL受容体結合活性が著しく低下しており、これが動脈硬化の発症の一因に考えられている。また、E4アレルはアルツハイマー病の危険因子の1 つと考えられている。

ページトップへ戻る

補足情報

(注)匿名化依頼書を使用してください。


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.