BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 骨髄像特殊染色エステラーゼ染色

血液学

検査項目名称 骨髄像特殊染色
エステラーゼ染色
コード 04496
統一コード 2A190-0000-049-614
検体必要量(mL)容器 / 保存
骨髄塗抹標本 未固定標本 2~4枚
G
採取条件・提出条件 / 備考 対象:好中球系細胞、単球系細胞染色結果:好中球系→青色単球系→赤褐色(フッ化阻害により陰性化)

所要日数 6~9
検査方法 α-NB・NAS-D二重染色法
基準値
実施料 / 判断料 40 判血

容器画像

コンペンジウム

高値 ■急性骨髄単球性白血病 ■単球性白血病
低値
解説 エラスターゼ染色は特異的エラスターゼ染色と非特異エラスターゼ染色の2重染色を施す検査である。特異的エラスターゼは顆粒球系細胞は強陽性になるが、単球系はほとんど陰性になる。
一方、非特異エステラーゼは単球中のエステラーゼを検出する検査で単球、前単球、単芽球、血小板で強陽性になるが、顆粒球はほとんど陰性か弱陽性になる。骨髄単球性白血病(M4)、単球性白血病(M5)の単芽球の同定に検査する。急性白血病の診断分類でM2とM4、M5の鑑別に利用される。

ページトップへ戻る

補足情報


◆標本の提出方法は下欄をご参照ください。
◆抗凝固剤の入らないスライド作製(抗凝固剤は酵素を抑制しますので染色性が変化します。従ってデータが出ないこともございますのでご了承ください。)

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.