BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 好酸球塩基性蛋白(ECP)

免疫学

検査項目名称 好酸球塩基性蛋白
(ECP)
コード 02181
統一コード 5C180-0000-023-023
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.2
ECP S-1
採取条件・提出条件 / 備考 専用採血管ECPに2.5~3.0mL採血後、5回軽く転倒混和。常温にて60~120分間(温度、時間は一定で)放置。1000~1300×gで10分間遠心分離。血清を採取し-20℃以下で凍結し、速やかに提出。
所要日数 3~9
検査方法 FEIA法
基準値 成人:14.9以下
μg/L
実施料 / 判断料

容器画像

コンペンジウム

高値 ■気管支喘息 ■アトピー性皮膚炎
低値
解説 好酸球塩基性蛋白(ECP)は好酸球の顆粒内に認められる蛋白で、顆粒から放出されると強い細胞傷害性を示す。
血中ECP値は好酸球の活性化を反映するものと考えられ、気管支喘息やアトピー性皮膚炎などの疾患では血中ECP値が高い傾向があるとされる。気管支喘息では発作時の血中ECP値は非発作時より高い傾向があることから、ECPと疾患の病勢との関連が示唆されている。

ページトップへ戻る

補足情報

◇遠心力(×g)と回転数・回転半径の関係については下欄の換算表をご参照ください。


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.