BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > ラモトリギン

薬剤

検査項目名称 ラモトリギン
コード 04237
統一コード 3L220-0000-022-210
検体必要量(mL)容器 / 保存
血漿 0.3 又は 血清 0.3
B-6 S-1
B-3 S-1
採取条件・提出条件 / 備考 販売名ラミクタール
所要日数 3~6
検査方法 LC-MS/MS法
基準値 μg/mL
実施料 / 判断料

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値
低値
解説 ラモトリギンは、従来の抗てんかん薬で十分な効果が認められない部分発作を有するてんかん患者に対して、発作抑制に他の抗てんかん薬と併用される新しい抗てんかん薬のひとつである。          血中濃度の測定は、適切な治療管理をおこなう上で有用であり副作用の発現を防ぐためにも重要である。特に腎機能が低下している患者や高齢者に対しては、血中濃度の測定で適正な投与量を調節する必要がある。

ページトップへ戻る

補足情報

★は特定薬剤治療管理料1です。下表参照



ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.