BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > C.ディフィシル毒素(クロストリジオイデス(クロストリジウム)・ディフィシル毒素)

微生物

検査項目名称 C.ディフィシル毒素
(クロストリジオイデス(クロストリジウム)・ディフィシル毒素)
コード 08606
統一コード 5E110-0000-015-023
検体必要量(mL)容器 / 保存
糞便拇指頭大
F-1
採取条件・提出条件 / 備考 Toxin A及びToxin Bの検出(+)、(-)、判定保留で報告偽膜性大腸炎の迅速診断
補足情報参照
所要日数 2~3
検査方法 EIA法
基準値
実施料 / 判断料 80 判免

容器画像

コンペンジウム

高値 ■偽膜性大腸炎
低値
解説 クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)菌は、芽胞を形成する偏性嫌気性のグラム陽性桿菌に属し、抗生物質投与で起こる偽膜性大腸炎の原因菌であり、毒素を産生することが知られている。Toxin A(エンテロトキシン)とToxin B(サイトトキシン)の2種類の毒素がClostridium difficileの病原性に大きな役割を果たしているため、Toxin AおよびToxin Bの検出が重要である。本検査は、Toxin AおよびToxin B両毒素を迅速に検出でき診断のうえで有用である。
検体中の特定の菌から抗原を抽出し、感度の高い免疫学的反応で同定するか、あるいは直接毒素を検出するのがこの迅速試験である。数日を要する通常の分離・同定法と比較すると、報告日数の短縮が可能である。

ページトップへ戻る

補足情報


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.