BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > SP-D(肺サーファクタント蛋白D)

免疫学

検査項目名称 SP-D
(肺サーファクタント蛋白D)
コード 09423
統一コード 3F253-0000-023-052
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.3
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 2~3
検査方法 CLEIA法
基準値 110.0未満
ng/mL
実施料 / 判断料 136 判生Ⅰ ※

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値 ■間質性肺炎 ■肺胞蛋白症 ■塵肺症
低値
解説 SP-D(肺サーファクタント蛋白D)は肺胞Ⅱ型細胞などで産生される糖蛋白とリン脂質との複合体で、マクロファージの貪食促進など生体防御に関与するほか、肺胞内腔の虚脱防止や肺の換気能力維持などに働く。
SP-Dは肺疾患などで血中に流出し、特に間質性肺炎では急性増悪時に著明に上昇するので、間質性肺炎の活動性の評価に有用である。同様の目的ではSP-A(肺サーファクタント蛋白A)やKL-6の検査も実施されている。

ページトップへ戻る

補足情報

SP-D、SP-A、KL-6 いずれかを併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.