BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > ジゴキシン

薬剤

検査項目名称
ジゴキシン
コード 00661
統一コード 3L765-0000-023-062
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-3 S-1
採取条件・提出条件 / 備考 販売名ジゴキシン、ジゴシン、ハーフジゴキシン
一部のジギタリス剤と交差反応を示します。
所要日数 1~2
検査方法 ラテックス凝集比濁法
基準値 治療有効濃度 0.8~2.0 中毒濃度 2.5以上 
ng/mL
実施料 / 判断料

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値
低値
解説 ジゴキシンはジキタリス製剤(強心配糖体)のひとつであり、細胞膜に存在するNa+,K+-ATPaseを阻害することによって細胞内Na+濃度の上昇をもたらす。ジギタリス製剤の主な作用は、心筋収縮力増強作用、迷走神経興奮作用、神経伝導系抑制作用、下位自動能亢進作用、中枢神経系に対する作用などである。血中濃度を測定することで投与量の適否が推測できる。採血は次回投与前、もしくは投与6時間以後(トラフ)に行う。
スピロノラクトンの併用による正誤差に注意する。

ページトップへ戻る

補足情報


★は特定薬剤治療管理料1です。下表参照


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.