BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > プロテインC抗原

血液学

検査項目名称 プロテインC抗原
コード 07491
統一コード 2B700-0000-022-062
検体必要量(mL)容器 / 保存
血漿 0.3
B-11 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 2~5
検査方法 ラテックス凝集法
基準値 70~150
%
実施料 / 判断料 246 判血

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値
低値 ■先天性PC欠損症 ■ビタミン.K欠損症、抗ビタミンK剤服用時 ■肝疾患 ■DIC
解説 生理的に重要な凝固抑制因子には、アンチトロンビン(AT)と、プロテインC(PC)が知られている。PCは肝臓で生成される蛋白質(セリンプロテアーゼという酵素の前駆体で、ビタミンK依存性蛋白の一種)で、凝固第Ⅴ、第Ⅷ因子を限定分解することで凝固作用を抑制している。
なお、活性化されたプロテインCが作用部位に濃縮集合していくために必要な因子がプロテインS(PS)と呼ばれている蛋白質であり、実際PSの欠損症でも、PC欠損症と類似の症状がみられる。
先天性PC欠損症は、常染色体優性の遺伝形式をとり、発症頻度は0.13%と推定され、静脈血栓塞栓症患者の約10%近くでPS欠損症が確認される。
先天性PC欠損症は、本抗原量と活性(弊社コード3047)によって、Ⅰ型の産生異常とⅡ型の分子異常に分類され、多くはⅠ型のヘテロ接合体(染色体2本のうち1本が異常)である。Ⅰ型はPC活性、抗原量ともに低下し、Ⅱ型はPC活性は低下するが、抗原量は正常(またはほぼ正常)であることで鑑別が可能である。

ページトップへ戻る

補足情報

◆血液学的検査の血漿材料(B-11容器使用)は、全てクエン酸Na血漿です。
◆採血方法は下欄をご参照ください。



ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.