BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 肺癌ALK/IHC・D5F3

病理・細胞診

検査項目名称 肺癌ALK/IHC・D5F3
コード 17511
統一コード
検体必要量(mL)容器 / 保存
未染標本4枚
パラフィンブロック
採取条件・提出条件 / 備考 補足情報参照
(注)2
報告形式:陽性、陰性
10%中性緩衝ホルマリンで6~72時間の固定を推奨。
本検査対象治療薬:クリゾチニブ、セリチニブ
所要日数 7~10
検査方法 免疫組織化学染色(IHC法)
基準値
実施料 / 判断料 2700 判病 ※

BML Information

PDFダウンロード

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

補足情報

推奨固定時間、推奨固定液以外の条件で固定された組織では判定不能の原因となる恐れがあります。
(注)2 肺癌ALK/IHC、肺癌ALK/IHC・D5F3、肺癌ALK/FISH 提出時のご注意 病理組織検査依頼書(P-4)をご使用ください。スライドの場合は必ずシランなどのコーティングスライドをご使用ください。胸水、気管支洗浄液でのご依頼の場合は、検体の提出条件等が異なりますので、別途、ご相談ください。ホルマリンの影響などによって判定不能となることがあります。パラフィンブロックからご提出の場合は別途標本作製料金が必要となります。提出方法は補足情報をご参照ください。
◆スライドについて
 *剥離等で再染色を必要とする場合もあるため、余分スライドの提出をお願いします。
 *スライド送付で再染色を実施した場合、再検査になったスライドは返却いたしません。予めご了承ください。
 *スライド送付で余分となったスライドは返却いたしません。返却ご希望の場合は、その旨依頼書にご記入ください。
ALK融合タンパク 非小細胞肺癌患者に対して、ALK阻害剤の投与の適応を判断することを目的として、ブリッジ試薬を用いた免疫組織染色法により病理標本作製を行った場合に、当該薬剤の投与方針の決定までの間に1回を限度として算定する。



ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.