BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > HPV-DNA型判定/PCR-rSSO

感染症・ウイルス

検査項目名称 HPV-DNA型判定/PCR-rSSO
コード 11561
統一コード 5F100-1405-085-898
検体必要量(mL)容器 / 保存
患部擦過物
LBC
採取条件・提出条件 / 備考 報告形式:「陽性」および16、18、31、33、35、39、45、51、52、56、58、59、68型の検出された遺伝子型または「検出されず」*複数種類検出された場合には全てご報告します。
検体の採取方法については補足情報をご参照ください。

所要日数 3~6
検査方法 PCR-rSSO法
基準値
実施料 / 判断料 2000 判微 ※

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

補足情報

HPV-DNA型判定(PCR-rSSO)の容器LBC(シンプレップバイアル):婦人科LBC(婦人科液状化検体細胞診)およびHPV核酸検出(HPV-RNA)高リスク型/TMAと共用が可能です。
HPVジェノタイプ判定
ア あらかじめ行われた組織診断の結果、CIN1又はCIN2と判定された患者に対し、治療方針の決定を目的として、ハイリスク型HPVのそれぞれの有無を確認した場合に算定する。
イ 当該検査は、HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)の施設基準を届け出ている保険医療機関のみ算定できる。
ウ 当該検査を算定するに当たっては、あらかじめ行われた組織診断の実施日及び組織診断の結果、CIN1又はCIN2のいずれに該当するかを診療報酬明細書の摘要欄に記載する。
エ 同一の患者について、当該検査を2回目以降行う場合は、当該検査の前回実施日を上記に併せて記載する。


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.