BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > NUDT15遺伝子コドン139多型解析

染色体・遺伝子

検査項目名称 NUDT15遺伝子コドン139多型解析
コード 13152
統一コード 8C955-9956-019-862
検体必要量(mL)容器 / 保存
血液 2.0 (EDTA2K加血)
B-30
採取条件・提出条件 / 備考 NUDT15遺伝子のコドン139がコードする塩基配列を検出し、3種類のアミノ酸(アルギニン、システイン、ヒスチジン)に変換して報告いたします。
報告形式:ARG/ARG,ARG/CYS,ARG/HIS,CYS/CYS,CYS/HIS,HIS/HIS
所要日数 3~12
検査方法 リアルタイムPCR法
基準値 ARG /ARG
なし
実施料 / 判断料 2100 判遺 ※

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

補足情報

Nudix hydrolase 15(NUDT15)遺伝子多型検査 難治性の炎症性腸疾患、急性リンパ性白血病、治療抵抗性のリウマチ性疾患〔全身性血管炎(顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、結節性多発動脈炎、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、高安動脈炎等)、全身性エリテマトーデス(SLE)、多発性筋炎、皮膚筋炎、強皮症、混合性結合組織病及び難治性リウマチ性疾患〕、自己免疫性肝炎の患者であって、チオプリン製剤の投与対象となる患者に対して、その投与の可否、投与量等を判断することを目的として、リアルタイムPCR法により測定を行った場合、当該薬剤の投与を開始するまでの間に1回を限度として算定できる。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.