BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > マロープラズマ10c

細胞性免疫・細胞機能

検査項目名称
マロープラズマ10c
コード 57757 -
統一コード
検体必要量(mL)容器 / 保存
骨髄液 1.5
B-19
採取条件・提出条件 / 備考 〈曜日指定〉受託可能曜日:月~金
真空採血管(B-19)を開栓して、採取した骨髄液を必要量入れて再栓し、室温保存して当日内にご提出ください。
所要日数 2~4
検査方法 フローサイトメトリー法
(マルチパラメータフローサイトメトリー)
基準値
実施料 / 判断料 2000 判血 ※

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

補足情報

◇弊社システムの都合により2つのコードNo.があります。
 マロープラズマ38、マロープラズマ10c、血液幹細胞絶対数、血液幹細胞(凍結)、CCR4タンパク/FCM、高感度PNH血球測定は5万台のコードNo.でのみ受託いたします。
(注)白血球数の少ない患者様については検体量を多めにご提出ください。モノクローナル抗体製剤の投薬に関する情報は、依頼書に必ずご記入ください。
造血器腫瘍細胞抗原検査(2000点/血液学的検査)
ア.モノクローナル抗体を用いて蛍光抗体法、酵素抗体法、免疫ロゼット法等により白血病細胞又は悪性リンパ腫細胞の表面抗原又は細胞内抗原の検索を実施して病型分類を行った場合に算定できる。
イ.対象疾病は白血病、悪性リンパ腫等である。
ウ.検査に用いられるモノクローナル抗体は、医薬品として承認されたものであり、検査に当たって用いたモノクローナル抗体の種類、回数にかかわらず、一連として所定点数を算定する。


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.