BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > リンパ球幼若化・PHA(微量全血培養法)

細胞性免疫・細胞機能

検査項目名称
リンパ球幼若化・PHA
(微量全血培養法)
コード 13271
統一コード 5I010-0000-019-814
検体必要量(mL)容器 / 保存
血液 1.0 (ヘパリン加血) (注)
B-18 必ず室温
採取条件・提出条件 / 備考 〈曜日指定〉受託可能曜日:月~金
採取当日にご提出ください。
2項目以上ご依頼される場合、必要量は血液10.0mLとなります。
所要日数 7~9
検査方法 微量全血培養法による3H-サイミジン取込み能
基準値 S.I.38.6~898.5
実施料 / 判断料 1薬剤345
 
2薬剤425
 
3薬剤以上515 判免 ※

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

補足情報

(注)1 白血球数およびリンパ球数が少ない(白血球数×リンパ球[%]:1,000/μL以下)患者様につきましては、規定量以上の採血が必要となる場合がございます。その場合、目安として総合検査案内の倍量程度の採血をお願いいたします。なお、さらに詳しいご相談は、弊社担当営業までお問い合せください。
   2 開封厳禁
    検体採取後の開栓、もしくは開栓してからの血液注入は、雑菌混入が結果に影響を及ぼす可能性があるため、雑菌混入の有無についてコメント付報告とさせていただきます。
   3 DLST・リンパ球幼若化検査は10件以上の同時依頼の場合、1週間前までに最寄りの営業所へご連絡をお願いします。


リンパ球刺激試験(LST) リンパ球刺激試験(LST)は、Con-A、PHAまたは薬疹の被疑医薬品によるものである。
薬剤リンパ球刺激試験の保険算定 薬疹の原因と疑われる薬剤について検査した場合にリンパ球刺激試験1~3薬剤までの所定点数を算定できる。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.