BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > C.ディフィシル毒素遺伝子検出(NAAT検査としてのCDトキシンB遺伝子検出)

感染症・ウイルス

検査項目名称 C.ディフィシル毒素遺伝子検出
(NAAT検査としてのCDトキシンB遺伝子検出)
コード 86176
統一コード 6B642-0000-015-862
検体必要量(mL)容器 / 保存
糞便 1g
F-1
採取条件・提出条件 / 備考 Toxin B遺伝子、Binary toxin遺伝子、変異型tcdC遺伝子、O27型株判定を(+)、(-)で報告
以下の容器でのご提出は受付不可となります。
F-7:キャリブレア入り便容器
C-3:カルチャースワブプラス
C-4:カルチャースワブプラス
   (チャコール入り)
所要日数 2~5
検査方法 リアルタイムPCR法
基準値 (-)
実施料 / 判断料 450 判微 ※

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

補足情報

クロストリジオイデス・ディフィシルのトキシンB遺伝子検出
ア.クロストリジオイデス・ディフィシルのトキシンB遺伝子検出は、以下の(イ)~(ハ)をいずれも満たす入院患者に対して実施した場合に限り算定する。
 (イ)Clostridium difficile(CD)感染症を疑う場合であって、クロストリジウム・ディフィシル抗原定性検査において、CD抗原陽性かつCDトキシン陰性であること。
 (ロ)2歳以上でBristol Stool Scale 5 以上の下痢症状があること。
 (ハ)24時間以内に3回以上、又は平常時より多い便回数があること。
イ.本検査は、関連学会の定める指針に基づき実施した場合に限り算定できる。
ウ.本検査を行う場合にあっては、区分番号「D026」の「注3」に規定する検体検査管理加算(Ⅱ)、(Ⅲ)又は(Ⅳ)のいずれか及び区分番号「A234-2」の「1」感染防止対策加算1の施設基準を届け出ている保険医療機関で実施した場合に限り算定できる。
エ.本検査を行う場合、下痢症状並びに本検査を行う前のCD抗原及びCDトキシンの検査結果について診療録に記載すること。
オ.本検査と区分番号「D023」微生物核酸同定・定量検査の「15」細菌核酸・薬剤耐性遺伝子同時検出を併せて測定した場合には、それぞれ算定できる。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.