BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > C.ディフィシル毒素遺伝子検出(NAAT検査としてのCDトキシンB遺伝子検出)

感染症・ウイルス

検査項目名称 C.ディフィシル毒素遺伝子検出
(NAAT検査としてのCDトキシンB遺伝子検出)
コード 86176
統一コード 6B642-0000-015-862
検体必要量(mL)容器 / 保存
糞便 1g
F-1
採取条件・提出条件 / 備考 Toxin B遺伝子、Binary toxin遺伝子、変異型tcdC遺伝子、O27型株判定を(+)、(-)で報告
以下の容器でのご提出は受付不可となります。
F-7:キャリブレア入り便容器
C-3:カルチャースワブプラス
C-4:カルチャースワブプラス
   (チャコール入り)
所要日数 2~5
検査方法 リアルタイムPCR法
基準値 (-)
実施料 / 判断料 450 判微 ※

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

補足情報

クロストリジオイデス・ディフィシルのトキシンB遺伝子検出
ア.クロストリジオイデス・ディフィシルのトキシンB遺伝子検出は、以下の(イ)~(ハ)をいずれも満たす入院患者に対して実施した場合に限り算定する。
 (イ)クロストリジオイデス・ディフィシル(CD)感染症を疑う場合であって、クロストリジオイデス・ディフィシル(CD)抗原定性検査において、CD抗原陽性かつCDトキシン陰性であること。
 (ロ)2歳以上でBristol Stool Scale 5 以上の下痢症状があること。
 (ハ)24時間以内に3回以上、又は平常時より多い便回数があること。
イ.本検査は、関連学会の定める指針に基づき実施した場合に限り算定できる。本検査を行う場合、下痢症状並びに本検査を行う前のCD抗原及びCDトキシンの検査結果について診療録に記載すること。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.